アイヌの藍染

アイヌの人々はハマタイセイ(エゾタイセイ)を藍染に利用したのでしょうか

アイヌ語名 セタアタネ

ハマタイセイ(エゾタイセイ)は北海道の海岸に自生するアブラナ科タイセイ属の越年草で、葉中に藍色素(インディゴ)を含有します。同属にヨーロッパの含藍植物 ホソバタイセイ(ウォード)があります。染料化の方法はタデアイとほぼ同じですが、含有する藍色素が微量なので大量の葉(海岸に大群落)が必要となります。ハマタイセイの藍染めには越年繁殖株の葉を使用します。
現在、環境省RDB1)レッド データ ブック(日本の絶滅のおそれのある野生生物)において 絶滅危惧種に指定されています。

 

 

★ 仮にアイヌの人々がハマタイセイを藍染に利用していたと想定して、藍染に必要な諸条件を考えて見ることにします。

• 生葉で染める
 最も簡易な染め方で、葉をすり潰した液を直接繊維に浸み込ませる。

生葉で染められる繊維は動物性のものに限定されます。対象としては、冬期に白毛になるエゾユキウサギ・エゾクロテンの他、白毛の犬、野蚕(クスサン・オオミズアオなどの繭)などが思い当たるのですが、採取したこれらの繊維は紡いで糸にする技術が必要です。ここで言う 「紡ぎ」 とは繊維を引き出して撚りをかけることを指し、樹皮や草皮を細長く裂いて撚りをかける 「績み」 とは区別します。

• 乾燥葉で染める
藍建て(発酵還元)の工程を経て染める。

発酵を促すために藍染液をPH11・液温25℃前後で管理する必要があります。常温管理(無加温)だと藍染可能な期間はせいぜい七月中旬~八月中旬までなのですが、加温すれば通年の藍染が可能となります。PH(アルカリ度)の調整には木灰を使用します。
藍染液を入れた容器(容量は発酵を安定させるため出来るだけ縦長で大きいものが良いが最低40~50ℓは欲しい)は室内で管理します。

以上、理論的には当時のアイヌの人々が藍染をすることは可能であったのですが、確認されているのは、ハマタイセイ(エゾタイセイ)に僅かな藍色素(インディゴ)が存在するということだけなのです。

追記:工房開設当初、独自の藍色と話題性に期待してハマタイセイ(エゾタイセイ)で染めて見た。一つの株から採れる葉が10枚に満たないのでとりあえず少量の糸で染めて見たのだが、あまりの藍色の薄さと収穫までに2年かかることを思うと、野心とともにロマンまでが萎んでしまった。そもそも、このハマタイセイ(エゾタイセイ)という植物に藍色を見い出すこと自体難しい事なのではないだろうか。

                                                  2015.1.19

参考資料

丹羽真一 2002.利尻島におけるハマタイセイの生育環境と個体群構造.利尻研究(21);75-80,march.2002

閏間正雄 2012.ヨーロッパの藍染め. ウォードの成り立ちと変遷<研究報告>.文化ファッシヨン大学院大学紀要論文集ファッシヨンビジネス研究(2).(2012-03)pp.82-8

深田雅子 2015.アイヌの衣服に見る藍染:その役割と象徴性<研究ノート>.文化学園大学紀要.服装学・造形学研究(46)(2015-01)pp.75-80

染織と生活社 「染織と生活 第10 号」(1975)
染織と生活社 「月刊染織α No.5」(1981)
染織と生活社   「月刊染織α No.50」(1985)
染織と生活社 「月刊染織α No.66」(1986)

References   [ + ]

1. レッド データ ブック(日本の絶滅のおそれのある野生生物)
カテゴリー: 未分類 パーマリンク