講習会テキスト

 

◆ 藍 ─ インディゴ(INDIGO)もしくは、インディゴを含む植物をさす。

藍には天然藍と合成藍とがある。

天然藍

呼称   植物名 主な生産国 備考
 蓼藍 タデアイ(タデ科)  日本  
 琉球藍  リュウキュウアイ(キツネノマゴ科)  沖縄  
 インド藍  ナンバンコマツナギ(マメ科)  インド・東南アジア  
ウォード ヨーロッパタイセイ(アブラナ科) ヨーロッパ
※近縁種ハマタイセイが北海道に自生

〇 日本では、藍染めの原料として蓼藍を発酵させた蒅藍(すくもあい)が生産され、主な生産地は徳島と北海道(伊達市)である。

〇 合成藍(インディゴピュア―)はデニム生地(Gパン・Gジャン)の染料として、最も馴染みのある藍と言える。

◆ 藍建て(藍染の染液を仕立てる)の工程

                    酸化(不溶化)
インディカン  インディゴ        ホワイトインディゴ
 【藍葉】    【枯葉・蒅藍
】         【染色液】
                 還元(溶解)
                      
                ・発酵還元(菌)
                ・化学還元(薬品)   

◆ 藍の特性(綿に対して)

長所 ─ 吸湿・繊維補強効果〜作業着

短所 ─ 摩擦や光による退色〜風合い・色落ちを楽しむ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク