羊毛の藍染

北海道十勝の藍染

 

北海道は藍と羊の一大生産地であることから、羊毛の藍染こそが北国ならではの染織となり得る、と工房風色は羊毛藍染の追求に取り組んできました。

工房風色の羊毛藍染は、既成のの藍建て法とは全く異なる方法、即ち、PH(アルカリ度)を低く・液温を高くする藍建て法(故清野新之助氏が公開)に独自の解釈を入れて【羊毛の風合いを損ねず、かつ堅牢で十勝の空のような美しい藍色】に染め上げるのが特徴です。

*藍染原毛の取り扱いについて

藍色素の性質上、摩擦による色落ちや色移りが生じますので、紡いでから濃いめの中性洗剤で押し洗いして下さい。